AGA(エージーエー)とは?

AGA(エージーエー)とは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」と訳されます。

直訳すると、Androgeneticは「雄性発生の」、alopeciaは、「脱毛(症)」という意味ですから、Androgenetic Alopeciaとは、つまり「雄性発生脱毛症」です。

AGAは、成人男性の髪が薄くなる症状のことですが、AGAの男性は、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

原因は、遺伝や男性ホルモンの影響などが指摘されています。

今やAGAを患う人口は、日本全国で1200万人を超えているといわれています。

毛包が存在している限り、蘇る可能性がある

そんな背景もあり、男性は、抜け毛が目立つようになると、AGAではないかと気になります。

AGA(エージーエー)は抜け毛、うす毛がゆっくり進行し、額の生え際や頭頂部の髪が、薄くなりますが、AGAで薄毛になったとしても、通常、うぶ毛は残っています。

つまり、毛包が存在している限り、蘇る可能性があるということで、諦めるにはまだ早いのです。

AGAの原因と治療

遺伝・男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響がAGAの大きな原因です。

また、その他にも生活習慣・ストレス・睡眠不足といった環境因子も複合的に関わっています。

AGAは進行性のため、放置し続けると髪の毛は減少を続け、徐々に頭部の毛髪が薄くなります。薄毛の進行を抑えるためには、早めのケアが不可欠です。

薄毛の原因がAGAである場合、市販の育毛剤や育毛シャンプーでは改善が困難です。

専門的な治療薬、毛根への複合的なアプローチが不可欠になりますので、もしAGAかもしれないという疑いがあるのであれば、専門医師のいるクリニックでの診察をおすすめします。